恋人がほしくないのは女性ホルモンが足りないせい?

女性ホルモン連休まっただ中、私は特に旅行など行くこともなく今日は興味のあった作家の山崎ナオコーラさんのトークショーに行ってきました。なかなか素敵な方でした。また次の機会にでも書いてみたいと思います。
昨日、20~40歳代のOLさんの半分近く恋人がいなくて、結婚に関しても悲観的であるというようなニュースを見ました。とってもびっくりしました。私が若いときにはちょっと考えられない状況だからです。
理由を自分なりに考えてみました。

・男性が積極的ではない
・SNSでいつでも誰かとつながっていられるので寂しくない
・女性の学歴が高くなって社会に出るのが遅くなっている
・女性も仕事を持つと自分の人生観のようなものができるので、盲目的に男性に合わせられな  い。
・親が共働きであった場合、母親のしんどさがわかりすぎて結婚に夢をもてない。
・コンビニや安い外食チェーンがあり一人暮らしが快適

などなど色々理由はあると思います。
しかし、いろいろな方と接していて思うのですが、一番の理由はストレスで女性ホルモンが少なくなったり、不安定になってるからだと思います。男性並みの仕事を求められるのも当たり前になった現代女性はストレスが多くホルモン、自律神経が不安定になっています。最近イライラがひどいという人は特に要注意です。

漢方薬は、そのような女性の体に穏やかに働いてストレスがあっても、直接身体に影響を及ぼさないようにしてくれます。気になる方は一度試してみてくださいね。

ちょっと飛躍しすぎかもわかりませんが、恋人をつくるためには、漢方薬を服用することが一番手っ取り早いと言えなくもないと思います。

結婚は個人の自由だし、絶対にしないといけないものとは思わないけれど、生きていく上でのパートナーはいた方が人生がより豊かになり楽しいように思うのですが・・・

 

投稿日時2013年11月3日にアメーバブログに投稿した記事を、当ホームページ「薬の三砂堂漢方」に引っ越ししました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ